2004/10/31

[MSL] 30歳までに1000万円

元祖ゴッゴルしゃちょう日記より

30までに1000万円貯められないなら起業しないほうがいい
20代の前半から仕事を始めたとして、どういった職業につくか?その職業で得られるものは金銭か経験かコネクションかステータスか?とか、様々な要素を勘案して10年ぐらいの社会人生活をして30代になるわけです。そういった未来にたいして選択すること、それを着実に実行する意志というのが、30までに 1000万円の貯金をつくることに繋がるわけです。[中略] 経営者に求められる能力はお金を稼ぐ能力です。30歳まで生きていれば、能力の有無ぐらいはわかってくるものなんですよ。きっと。。
僕はこういったすっきりとした指標みたいなものが好きです。若い頃に沢山稼いで破産する人もいれば、晩年になって成功する人もいると思います。全然成功しない人のほうが多いでしょう。でも一つの目安として、30歳までに1000万円貯められるか、というのは面白いと思います。

同時に、これを読んで「〇〇〇万円しかないから、俺には素質がないんだな」と諦めてしまうのもまたどうかと思いますが。

[BLG] AudioScrobbler を使って "Now playing" を表示する方法

このブログのトップページの右上に "Now playing ..." というコーナーがありますが、今回はこれを作る方法をまとめてみました。どういう仕組みかというと、まず AudioScrobbler と呼ばれるサービスに登録します。無料です。このサービスは、Winamp や Windows Media Player、iTunes といったメディアプレーヤー用のブラグインを公開しており、これをインストールすることによって、あなたが聴いている音楽の情報を AudioScrobbler のサーバに自動的に送るようになります。また、RSS や API を通してサーバに蓄積されたデータにアクセスすることも出来ます。AudioScrobbler への登録に関しては、以下のサイトが参考になります。

登録が済んで、聴いている曲がサーバに送信され始めたら準備完了です。ここでは、今聴いている曲(もしくは一番最後に聴いた曲)をブログに載せる方法を二通りまとめてみました。お好みでお選びください。

Read more!

方法1: Nextxp.net さんのサービスを利用する
この方法はものすごーく簡単です。なので手っ取り早く簡単に済ませたい方はこちらをお勧めします。やり方は、AudioScrobbler のユーザ名を使って以下のコードを貼り付けるだけです。
<a href="http://www.audioscrobbler.com/user/ユーザ名/"

alt="Audioscrobbler now playing by digital town ont he web"
target="_blank"><img
src="http://www2.nextxp.net/ap/now.php?color=w&usr=ユーザ名"
border="0" width="230" height="20" /></a>
そうすると以下のような素敵な画像が表示されます(Nextxp.net さんのサーバ状況によっては、"Now Offline"と表示されているかもしれません)。



Ditital Town on the web さんのサイトでは、この他にフォントが選べるバージョンも用意されています。現在のところサイズの指定ができないのですが、そのうちにサポートされる予定だそうです。


方法2: 自前で Audioscrobbler Now Playing をインストールする
サイトのデザインにあった表示設定をしたい方や、自分のサーバを使いたい人は、以下のスクリプトをインストールしましょう。お使いのサーバに、PHP と GD ライブラリがインストールされている必要があります。解凍した中に、np.php があると思います。とりあえずこのファイルの以下の部分を編集しましょう。
$username = "ユーザ名";

$pre_text = "Now playing";
$backgroundcolor = "#ffffff";
$foregroundcolor = "#000000";

編集が終了したら、np.php と Vera.ttf をお使いのサーバにアップロードしてください。そして表示したい場所に以下のコードを埋め込みます。
<a href="http://www.audioscrobbler.com/user/ユーザ名/"

alt="Audioscrobbler Now Playing" target="_blank">
<img src="http://あなたのサーバ/np.php" border="0" /></a>

正常に表示されたら、後は np.php を編集してご自分の気に入ったデザインに仕上げてください。np.php の下のほうにある
$im = imagecreate(225,45);
で出力サイズを変更できますし、そのさらに下のほうで、フォントサイズも指定できます。

追記
日本語の名前が文字化けしていることが発覚(いまさら)。MS UI Gothic などのフォントをお使いサーバにアップロードして、
$font=realpath('./MSUIgothic.ttf');
と設定することで正常に表示されます。


2004/10/30

[TXP] Textpattern 用の Blogger 風スキン

Pixel Meadow より

"Bloggerati" Theme Preview
As promised last night, here’s a WIP shot of the TXP theme I have sitting spare. It’s as yet unfinished, but if there’s enough demand, I’ll finish it and release it.
Textpattern を使っている Pixel Meadow が Blogger のデザインを元にしたスキンを作成中のようです。公開はまだされていないみたい。
Bloggerati by Pixel Meadow

2004/10/29

[NWS] テレビと鏡は紙一重

Guardian より

Gadget awards celebrate great British obsessions
A gadget which combines two of Britain's greatest preoccupations, watching television and looking in the mirror, has triumphed in an annual innovation contest.
Philips MiraVisionイギリスで開かれたガジェット・コンテストの金賞に、PhilipsMiraVision Mirror TV が輝きました。この大型LCDテレビは、スイッチオフの時には、鏡になるという優れもの。Guardian は、「イギリス人が心を奪われている、テレビと鏡を組み合わせたアイテム」と紹介し、審査員の一人は、「壁のスペースを無駄なく使えるように、他の家具とマッチするような数種類のフレームが用意されている」点を評価しています。

サイズは、17" 23" 30" からお選びいただけます。お値段は、£1800 (約36万円)。日本の生活スタイルにもピッタリなこの一台。皆さんもお一ついかがですか。高すぎますか。そうですよね。

2004/10/28

[MSL] 「電車男」読了

書籍化され、映画化まで噂されている「電車男」を今ごろになって読了いたしました。徹夜明けの状態で一気に読んだためか、余計なことを考えずに深い感動を憶えました。僕は、中の人さんの編集バージョンを読みましたが、物語の展開を損なわない程度に、無関係気味でも面白いスレが沢山残っており、よく出来ていると思います。これらの良質なスレなしでは成り立たなかった作品であることを考えると、2ch 文学という言葉もあながち誇大広告ではないと思います。でも、どなたかが言っていた通り、書籍化されたものが同じ読書感(変な話しですが)を与えてくれるかどうかは疑問です。

電車男

電車男
posted with amazlet at 04.10.29
中野 独人
新潮社 (2004/10/22)

[MSC] With The Lights Out

何か大事なことを忘れているような気がしていたんですが、思い出しました。ニルヴァーナの未公開音源たっぷり+DVD のボックスセットがもうすぐ発売だったんだ。予約しなくちゃ。

ニルヴァーナ・ボックス
ニルヴァーナ
ユニバーサルミュージック (2004/12/01)

僕の大事なことなんて、所詮こんな感じです。

[DSG] Hicksdesign のボツデザイン

Mozilla の Firebird や Thunderbird のロゴをデザインしたことでも有名な Jon Hicks が、最近リニューアルした彼のサイトの「ボツデザイン」を公開しています。プロのボツを見る機会はあまり無さそうなので、結構貴重かも。

[NWS] ホビット、ヒト属に加わる

BBC News より

'Hobbit' joins human family tree
Scientists have discovered a new and tiny species of human that lived in Indonesia at the same time our own ancestors were colonising the world.
インドネシア諸島にあるフローレス島の洞窟で、1万8千年前の身長約1メートルと推測される頭蓋骨が発掘されました。問題は、誰もが子供の骨だと思っていたところ、実は成人のものらしいという実験結果が出たことです。このフローレス島には小人にまつわる神話があるそうで、住人も単なるおとぎ話だと思っていたのに、と今回の発見には驚いてる様子です。

Homo floresiensis と名付けられたこの種族に対し、科学者たちは「たった1万2千年前までこの種族が生息していたとは、はっきり言って驚きだ」「知的活動にはある一定以上の大きさの脳が必要だ、という考えはこれで吹き飛んだようなものだ」「フローレス島に辿り着いた(つまりボートなどの移動手段を作れた)こと自体が、彼らの知性の高さを示している」などと述べています。

2004/10/27

[DSG] CSS を使ったスクロールバー付のテーブル

CSS Beauty より

Pure CSS Scrollable Table with Fixed Header
Using CSS to allow scrolling within a single HTML table.
上記の他に、より多くのブラウザに対応した、Bullet Resistance Version も公開されています。こっちの方は、(almost) Pure CSS だそうです。普通なら、<iframe> を使ってしまいそうですが、それを CSS のみで再現した、という力作です。さらにヘッダーの部分を固定することも出来ます。

あれ、でも Web Standard 的には、<table> なしでいこうぜ、という流れなんじゃなかったっけ? この場合はさすがにしょうがないのかな。

2004/10/26

[MSL] 私はMacOS

噂のOS占いをやってみました。何と結果は、MacOS でした。ちょっとうれしい。

占いの結果
****さんは MacOS です!
あなたはお洒落なMacOSさん。見た目も派手で、人目を惹くのが大好き。流行にはとても敏感ですが、時には流行を追いかけているだけになることも。UNIXさんのような実力も、BeOSさんのような天才性もないあなたは、見た目だけで中身のない人と思われることもあります。が、おちゃめな性格と旺盛なサービス精神で、多くの人から愛されます。ねばり強さに欠けるところがあり、そこそこで妥協してしまうこともあります。親分肌でもあり、計画を率先して提案し、成功させることができます。
最初の部分は当たってないけど、それ以外は結構いいところをついているような気がします。
UNIXさんのような実力も、BeOSさんのような天才性もないあなたは、
イタタタタ。
****さんの開運下着は、貝殻(しじみ)です!
いや、それは分からない。

でも、この結果を元に、About Me を書いてみました。

[NWS] 海外からの効果的なWEB集客‐グローバル SEM 入門(1)

Japan.internet.com より

SEM が、世界中どこからでも顧客を発掘できるおそるべき国際マーケティングツールであることは、意外に知られていないようだ。SEM が普及している欧米からの集客はいうまでもなく、アジア諸国からの集客も、いくつかのポイントを抑えるだけで、ごく簡単に実現できるのである。
という興味をそそるイントロなんですが、僕はそのインパクトある(記事を書かれた方の)会社名のほうに強く惹かれてしまいました。サイトを訪れずに、どんな事業内容なのかを色々と想像するのが乙だと思います。

2004/10/25

[TXP] Textpattern の解説サイト

Textpattern を日本語で詳しく紹介+使用しているサイトをぐぐってみました。Textpattern に興味のある方は是非これらのサイトも参考にしてください。

2004/11/11

Technasia : Crazy on Textpattern
Nipponzine.org を運営なさっているアイザワさんのニューサイト。Textpattern お墨付きのサーバである、TextDrive に移転されたようです。


2004/10/31
ready for the blue
3 カラムのスタイルと共に、Textpattern をフル活用という感じのサイトです。しかも内部では MT と併用もなさっているようです。

Going My Way: 右クリックでいろいろなウェブログツールに...
Going My Way のこのページでは、Textpattern にも対応した JustBlogIt という Firefox 用エクステンションを紹介しています。僕も使い始めましたが、ドラフト作りにもってこいです。


2004/10/25
Nipponzine.org: Textpattern
インストールの説明がとても丁寧です。しかも、チュートリアルにはこれから追加されるであろう項目が並んでおります。

::WHATSOEVER » Textpattern Tips
Textpattern には Trackback 機能が標準で付いていないのですが、ここではその対応方法について書いてある他、関連記事も載っています。

Cms Blog engine ManiaX
プラグインのインストール方法やテザインの変更に関する情報があります。


随時追加予定。自薦他薦求む。

[BLG] エントリに関連した代替広告を載せる方法

[BLG] AdSense と Amanzon の代替広告を載せる方法 では、Google の AdSense と Amazon の AWS を使って、エントリに広告を載せるやり方をまとめましたが、今回はその発展系。

AdSense は一度エントリが Google にクロールされれば、広告の選択を自動的にやってくれますが、前回のやり方では Amazon の代替広告の方は Browse Node によって固定されています。で、これをどうにかしよう、と。似たような取り組みを、NDO::Weblog さんがやっているようですが、まだ公開はされていないようです(2004/10/25現在)。

というわけで、僕なりのやり方をまとめてみました。興味のある方は試してみてください。最後にちゃんと落とし穴があります。

Read more!


基本方針
基本方針は、エントリごとに Amazon の Browse Node を設定する、です。Browse Node が指定されていないエントリにはデフォルトの値を使います。こうすることで例えば、映画について書いたエントリには DVD の広告を、音楽について書いたものには CD の広告を、とエントリごとに選択できるようにします。

準備
[BLG] AdSense と Amanzon の代替広告を載せる方法 で使ったファイルを元に行うので、まだの方はそちらを先にご覧下さい。ここでは、前回の通りに AdSend と AWS が上手く動いていることを前提にします。

dyn_adsense.js を作る
前回の adsense.js を少し改良した dyn_adsense.js を作ります。新規作成したファイルに以下の内容をコピーし、保存してください。


var google_ad_client = "[AdSenseのコード]";
var google_ad_width = 468;
var google_ad_height = 60;
var google_ad_format = "468x60_as";

var google_ad_channel = "";
var google_ad_type = "text";

var google_color_border = "ffffff";
var google_color_bg = "ffffff";
var google_color_link = "225588";
var google_color_url = "999999";
var google_color_text = "666666";

var google_alternate_ad_url = "";
var aws_search_index = "[デフォルトの Search Index]";
var aws_browse_node = "[デフォルトの Browse Node]";

var style_url = "http://[yourURL]/ads468x60.xsl";

generate_alternate_ad_url();

function set_aws_values (index, node) {
set_search_index(index);
set_browse_node(node);

generate_alternate_ad_url();
}
function set_search_index (index) {
aws_search_index = index;
}
function set_browse_node (node) {
aws_browse_node = node;
}
function generate_alternate_ad_url () {
google_alternate_ad_url = "http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml";
google_alternate_ad_url += "?Service=AWSECommerceService";
google_alternate_ad_url += "&SubscriptionId=[AWSのコード]";
google_alternate_ad_url += "&AssociateTag=[アソシエイトのコード]";
google_alternate_ad_url += "&Operation=ItemSearch";
google_alternate_ad_url += "&ItemPage=" + Math.ceil(Math.random() * 5);
google_alternate_ad_url += "&no=1";
google_alternate_ad_url += "&ResponseGroup=Small,Images,Reviews,SalesRank,Offers";
google_alternate_ad_url += "&ContentType=text/html";
google_alternate_ad_url += "&Version=2004-10-04";
google_alternate_ad_url += "&Style=" + style_url;
google_alternate_ad_url += "&SearchIndex=" + aws_search_index;
google_alternate_ad_url += "&BrowseNode=" + aws_browse_node;
}

それから [AdSenseのコード]、[デフォルトの Search Index]、[デフォルトの Browse Node]、[yourURL]、[AWSのコード]、[アソシエイトのコード] を変更してください。

ファイルのアップロード
dyn_adsense.js をお使いのサーバにアップロードします。

テンプレートを変更する
前回


<script type="text/javascript" src="http://yourURL/adsense.js"></script>

と書いたところを


<script type="text/javascript" src="http://yourURL/dyn_adsense.js"></script>

に変更し、Rebuild します。

カテゴリとノードを指定する
ここまでで、これまで書いたエントリの代替広告が正常に出ていることを確認してください。デフォルトに指定した値が前回のものと同じであれば、似た内容が出ているはずです。広告の内容を変えるには、エントリの最後に以下のコードを追加します。


<script language="javascript"><!--
set_aws_values("search_index", "browse_node");
//--></script>

search_index で Music や DVD などのカテゴリを指定し、Amazon のノードを browse_node で指定します。ここで新たに指定された値が google_alternate_ad_url に使われ、 AWS を通してデフォルトとは違った広告が返ってくる仕組みです。

落とし穴
エントリごとにノードを指定するやり方は、意見の分かれるところかもしれません。ノードを探さなくてはいけないのが欠点ですが、その分細かな設定ができる利点もあります。また、ノードによってはアクセスできないものもあるようなので、確認が必要です。でも、僕にとっての最大の落とし穴は、

Blogger でつかえない

ということでした。どうやらエントリ内での Javascript の使用は禁止されているようです(しくしく)。

2004/10/24

[FLM] ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット

Impress AV Watch より再び

株式会社ポニーキャニオンは、DVD「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還スペシャル・エクステンデッド・エディション」を2005年2月2日に発売する。また、全3作のスペシャル・エクステンデッド・エディションをまとめた「トリロジーBOXセット」や、王の帰還のスペシャル・エクステンデッド・エディションにフギュアなどを加えた「ギフトセット」なども順次発売する。

ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジー BOX セット 30,870円 2005年2月16日発売

うむ、これは、な、何としてもお財布と相談しなければなりませんな。

[FLM] マトリックス・アルティメット・コレクション(10枚組)

Impress AV Watch より

ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社(ワーナー・ホーム・ビデオ)は、マトリックス関連のDVD10枚をセットにしたDVD-BOX「マトリックス・アルティメット・コレクション(10枚組)」 (THE ULTIMATE MATRIX COLLECTION)を12月17日に発売する。価格は15,750円。

製品情報 http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=2567

うむ、これは何としても手に入れなあきませんな。

[BLG] AdSense と Amanzon の代替広告を載せる方法

Google の AdSense と Amazon の Amazon Web Services (AWS) を使って代替広告を載せるやり方をまとめてみました。スクリプトは、スピリッツオブゼロ@blog さんの

を使いました。その他のアイディアは、hail2u.net さんの を参考にしました。詳しい情報はそちらを当たってください。

Read more!

各種アカウントを取得する
必要なアカウントは、以下の3つです。
スクリプトをダウンロードする
スピリッツオブゼロ@blog さんの [AWS] ECS4.0でのAd Sense代替広告 のページの一番下にあるスクリプトをダウンロードし、解凍します。10個ぐらいのファイルが出てくると思います。ファイルは、表示したい広告の大きさに対応しているので、ご自分のデザインに合ったものを選んでください。ここでは 468x60 pixel 用の ads468x68.xsl を使います。

また、同サイトから blank.gif をダウンロードして同じ場所に保存します。

XSL ファイルの変更
ads468x68.xsl の 85行目あたりに、blank.gif のURLを設定している箇所があるので、これからアップロードするお使いのサーバのURLに変更します(デフォルトでは、スピリッツオブゼロ@blog さんのURLになっています)。

AdSense 用の設定ファイルを作る
AdSense のコード生成ウイザード(と言うのか?)を使うと、直接テンプレートにコピーする為のコードが出力されますが、デザインの設定を変える度に Rebuild をするのは面倒臭いので、以下のような外部設定ファイルを作ります (adsense.js)。


var google_ad_client = "[AdSenseのコード]";
var google_ad_width = 468;
var google_ad_height = 60;
var google_ad_format = "468x60_as";

var google_ad_channel = "";
var google_ad_type = "text";

var google_color_border = "ffffff";
var google_color_bg = "ffffff";
var google_color_link = "225588";
var google_color_url = "999999";
var google_color_text = "666666";

var google_alternate_ad_url = "http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml";
google_alternate_ad_url += "?Service=AWSECommerceService";
google_alternate_ad_url += "&SubscriptionId=[AWSのコード]";
google_alternate_ad_url += "&AssociateTag=[アソシエイトのコード]";
google_alternate_ad_url += "&Operation=ItemSearch";
google_alternate_ad_url += "&SearchIndex=[表示ジャンル]";
google_alternate_ad_url += "&BrowseNode=[Browser Node]";
google_alternate_ad_url += "&ItemPage=1";
google_alternate_ad_url += "&no=1";
google_alternate_ad_url += "&ResponseGroup=Small,Images,Reviews,SalesRank,Offers";
google_alternate_ad_url += "&ContentType=text/html";
google_alternate_ad_url += "&Version=2004-10-04";
google_alternate_ad_url += "&Style=[http://yourURL/ads468x60.xsl]";

[AdSenseのコード]、[AWSのコード]、[アソシエイトのコード] にはそれぞれ取得したコードを入れてください。[http://yourURL/ads468x60.xsl] には ads468x60.xsl をアップロードするURLを入れます。[表示ジャンル] には、Books や Music など代替広告に載せたいジャンルを、[Browser Node] には載せたいカテゴリ・ノードを入れます。表示される内容を少しだけランダムにしたい場合は、


google_alternate_ad_url += "&ItemPage=" + Math.ceil(Math.random() * 5);

のようにします。

ファイルをアップロードする
以下のファイルをお使いのサーバにアップロードします。
  • adsense.js
  • ads468x60.xsl
  • blank.gif

Blogger のテンプレートを変更する
<head> ... </head> のどこかに以下のコードを追加します。URL の変更を忘れずに。


<script type="text/javascript" src="http://yourURL/adsense.js"></script>

次に、広告を載せたい場所に以下のコードを追加します。


<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

動作の確認
新しいエントリーでも作って、スクリプトが動いているか確認してください。

デザインの変更
スクリプトが正常に動いているのを確認したら、adsense.js や ads468x60.xsl を編集し、サイトにあったデザインに変更しましょう。

2004/10/23

[DSG] Web Design Gallery Links

CSS を使ってデザインをしているサイトを集めたギャラリーの内、僕が定期的にチェックしているもの。参加者のコメントも勉強になります。

他にお勧めのギャラリーがあったら教えてください。

[MSL] Gmail invitation to give away

I've got some Gmail invitation to give away. Leave a comment with your email adddress if you're interested.

2004/10/22

[MSL] 書き物の進み具合に関する考察

結城さんは最近、書き物をしている。僕も最近、書き物をしている。結城さんは22日の夜に図を一枚書いた。僕は22日の夜にテーブルを一つ書いた。結城さんはマイペースの様に見える。僕もマイペースのほうだ。結城さんには締切りがある。僕にも締切りがある。結城さんの進み具合は悪くなさそうだ。僕の進み具合はあまり良くない。

[BLG] Read more! のやり方

Textpattern の記事が長くなることが多いので、例の「Read more!」をやりたくなった。Blogger Help には、以下の二つのやり方が載っているが、どちらも帯に短したすきに何たら。

前者は、追記の部分を指定できるものの、追記のない記事にも、Read more! リンクを自動的に貼ってしまう。後者は、追記の部分を指定できず、タイトルのみの表示になる。他にいい方法はないのかと捜してみたところ、ありました。

Read more!

PrestonCafe のBlogger.comで追記のあるものだけMore...と表示する方法に載ってました。ちなみに PrestoneCafe は、かの、Going My Way を書いていらっしゃる Kengo さんの Blogger バージョンのようです。

ここではそのまとめのみ。

Templateの編集
Template の<style> ... </style> のどこかに以下のテキストを追加する。


/* ---- Read more ---- */
<mainorarchivepage>
span.morepost {display:inline;}
span.fullpost {display:none;}
</mainorarchivepage>
<itempage>
span.morepost {display:none;}
span.fullpost {display:inline;}
</itempage>


Post Template の編集
Settings - Formatting - Post Template に以下のテキストを追加する。


Here is the introduction.

<span class="morepost">
<a href="Permalink">Read more!</a>
</span>

<span class="fullpost">
Here is the rest of the post.
</span>


エントリの新規作成
Rebuild 後にエントリを新規作成すると、上記のタグが表示されるので、短いエントリの時は、Here is the introduction. のところに書いて、残りを削除。長いエントリの時は、隠したい部分を、Here is the rest of the post. の部分に書いて、投稿。

パーマネントリンクの追加
長いエントリの時は、投稿後にエントリのパーマネントリンクを、Permalink の部分に入れて出来上がり。こうすることで、追記の部分がある時だけ、Read more! のリンクが表示されます。

2004/10/21

[TXP] Textpattern の設定

インストール後には、いくつか設定をする必要があります。 http://yourURL/textpattern/ からログイン後、「設定」のタブをクリックすると、Textpattern 全般の設定を変更できます。以下は、そのまとめ。

Read more!


ドメインとディレクトリ
「設定」-「基本設定」-「サイトの設定」にある、

  • ドメイン
  • ディレクトリ
は、必ず変更しましょう。サーバのルートに Textpattern をインストールした場合は、
  • ドメイン: yourURL
  • ディレクトリ: /
サーバのサブディレクトリにインストールした場合は、

  • ドメイン: yourURL
  • ディレクトリ: /subdir/
の様に変更します。

URL モード
「設定」-「基本設定」-「サイトの設定」の中間あたりに、URL モードの設定があります。デフォルトでは、 /clean/ になっていると思いますが、 うまく動かない時は、?=messy に変更してみましょう。

[TXP] Textpattern ja-jp.txt

ja-jp.txt という名前のファイルを新規作成し、以下のテキストをコピーして、保存してください。エンコードに、UTF-8 を使用するのをお忘れなく。

Read more!


active => アーカイブ

add => 追加
add_declaration => 宣言の追加
add_new_author => ユーザの追加
add_new_selector => セレクターの追加
admin => 管理者
advanced_options => 詳細設定
all => 全て
all_forms => 全てのフォーム
all_hits => 全てのアクセス
all_pages => 全てのページ
all_stylesheets => 全てのスタイルシート
already_exists => は既に存在します
alt_text => 代替テキスト
and_mailed_to => さらにメールの送付
archive_dateformat => アーカイブの日付書式
archive_date_case => アーカイブ日時の大文字・小文字
archive_dir => アーカイブディレクトリ
are_you_sure => 本当によろしいですか?
article => 記事
articles => 記事
articles_found => 件の記事が見つかりました
article_category => 記事用カテゴリ
article_category_name => カテゴリの名前
article_deleted => 記事は削除されました!
article_divider => 記事間の仕切り
article_found => 件の記事が見つかりました
article_head => 記事用カテゴリ
article_image => 記事の画像
article_posted => 記事を投稿しました
article_saved => 記事を保存しました
article_saved_draft => 記事をドラフトとして保存しました
article_saved_hidden => 記事を非表示で保存しました
article_saved_pending => 記事を保留で保存しました
author => ユーザ
authors => ユーザ
auth_required => 認証が必要です
bad_cookie => Bad cookie

bad_plugin_code => プラグインコードが不正か空白です
ban => 禁止
blockquote => Blockquote
break => 改行
broken_plugin => broken
build => タグの生成
bulkload_existing_css => 新しい CSS を作成または読み込む
bulleted_list => 箇条書き
button_text => ボタンテキスト
cannot_delete_default_css => CSS default は削除できません
cannot_write_directory => ディレクトリに書き込みが出来ません
cant_ban_blank_ip => 空白の IP アドレスは禁止できません
caption => キャプション
categories => カテゴリ
categorize => カテゴリ
category => カテゴリ
category1 => カテゴリ 1
category2 => カテゴリ 2
change => 変更
change_email_address => メールアドレスの変更
change_password => パスワードの変更
check_html => HTML をチェックする
citation => 引用
clean => /clean/
comments => コメント
comments_closed => この記事へのコメントはできません
comments_dateformat => コメントの日付書式
comments_default_invite => コメントの呼称
comments_disabled_after => コメントの受け入れを中止するまでの期間
comments_disallow_images => 画像の使用を禁止する
comments_form => フォーム
comments_mode => コメントモード
comments_moderate => コメントを編集する
comments_on_default => 既定で On にしますか?
comments_permlink => パーマネントリンク
comments_sendmail => コメントをメールで通知する
comment_email_required => 正しいメールアドレスを入力してください
comment_form => コメントフォーム
comment_invitation => 呼称
comment_name_required => お名前を入力してください
comment_required => コメントを入力してください
confirm_comment_deletion => コメント削除を確認
confirm_delete_popup => 本当に削除してもよろしいですか?
contact => 連絡先
convert_linebreaks => 改行のみ変換
cookies_must_be_enabled => Textpattern の使用にはお使いのブラウザがクッキーに対応している必要があります。
copy => コピー
copy_css_as => スタイルシートのコピー先:
copy_editor => コピーエディター
copy_page_as => ページのコピー先:
could_not_log_in => ログインに失敗しました。
create => 作成
created => を作成しました
create_new => 新規作成
create_new_css => CSS の新規作成
create_new_form => フォームの新規作成
css => css
css_mode => CSS モード
css_property_value => 属性 : 値
css_selector => セレクター
czech => チェコ語
danish => デンマーク語
date => 日付
dateformat => 日付書式
date_case => 日付書式(大文字・小文字)
default => デフォルト
delete => 削除
deleted => を削除しました
deleted_text => 削除されたテキスト
delete_declaration => この宣言を削除する
delete_entire_selector => セレクター全てを削除する
delete_form_confirmation => フォーム削除の確認
delete_page_confirmation => ページ削除の確認
delete_section_confirmation => セレクション削除の確認
delete_selected => 選択された箇所を削除
delete_this_declaration => この宣言を削除する
description => 説明
designer => デザイナー
displayed_comments => 表示されたコメント
draft => ドラフト
dutch => オランダ語
edit => 編集
edit_comment => コメントの編集
edit_css => CSS の編集
edit_css_file => CSS ファイルを編集する
edit_css_in_form => CSS editor で編集する
edit_forms => フォームの編集
edit_links => リンクの編集
edit_page => ページの編集
edit_pages => テンプレートの編集
edit_plugins => プラグインの編集
edit_preferences => 基本設定の編集
edit_raw_css => CSS を直接編集する
edit_sections => セクションの編集
email => メール
email_address => メールアドレス
emphasis => 斜体
english => 英語
error_adding_new_author => ユーザ追加のエラー
excerpt => 概要
finnish => フィンランド語
flavour => Flavor
forget => キャンセル
form => フォーム
forms => フォーム
form_name => フォーム名(必須)
form_type => フォームタイプ(必須)
freelancer => フリーランス
french => フランス語
german => ドイツ語
go => go
go_to => 移動先
has_excerpt => 概要あり
header => ヘッダー
hidden => 非表示
hide_comment => コメントを隠す
host => ホスト
hr => 水平線
HTML => HTML
hyperlink => リンク
image => イメージ
imageurl => イメージのURL
image_category => カテゴリ
image_category_name => イメージカテゴリの名前
image_head => イメージ用カテゴリ
image_name => イメージの名前
img_dir_not_writeable => 警告:イメージの保存に失敗しました。 ディレクトリ<br /> {imgdir}. <br />ディレクトリのパーミッションを 777 に変更してください。
include_in_search => サイト内の検索に含める
input_size => イメージのサイズ
inserted_text => 挿入テキスト
install_plugin => プラグインのインストール
italian => イタリア語
japanese => 日本語
keywords => キーワード
label => ラベル
language => 言語
leave_text_untouched => 変換は行わない
limit => 最大件数
linebreak => 改行
linkcategory => リンク用カテゴリ
links => リンク
linktext => リンクテキスト
link_category => カテゴリ
link_category_name => カテゴリ名
link_head => リンク用カテゴリ
link_name => リンク名
link_saved => リンクを保存しました
link_text => リンクテキスト
list => リスト
listform => リストフォーム
list_articles => 記事の表示
list_banned_ips => 禁止 IP の表示
list_categories => カテゴリの表示
list_discussions => コメントの表示
list_forms => フォームの表示
list_links => リンクの表示
live => Live
logged_in_as => ユーザ
logging => ログの取得
login_name => ユーザ
login_to_textpattern => Textpattern にログインする
logout => ログアウト
logs => ログ
log_in => ログイン
log_in_button => ログイン
lowercase => 小文字
mail_it => 自分にメールを送る
managing_editor => 編集長
manual => マニュアル
mentions => Mentions
message => メッセージ
message_deleted => 削除されたメッセージ
message_preview => メッセージのプレビュー
message_saved => 保存されたメッセージ
messy => ?=messy
modified_by => 最終更新者
month => 月
more => 続き
name => 名前
name_for_this_style => このスタイルの名前
never => しない
newer => 新しい順
new_email => 新しいメールアドレス
new_password => 新しいパスワード
next => 次
next_page_link => 次のページへのリンク
no => いいえ
none => なし
nopopup => ポップアップなし
no_comments_recorded => コメントはありません
no_ips_banned => 禁止 IP はありません
no_popup => このウインドウ
no_refers_recorded => レファラーはありません
numeric_list => 番号リスト

off => off
older => 古い順
old_plugin => 旧式(テキストファイル)のプラグイン
on => on
only_articles_can_be_previewed => 注意:article フォームのみプレビューできます。
only_graphic_files_allowed => .jpg .gif .png .swf が使用可能です
on_front_page => トップページに表示
or_publish_at => 投稿日時
override_default_form => デフォルトフォームの上書き
page => ページ
pages => ページ
page_article_hed => 記事の出力
page_article_nav_hed => 記事のナビゲーション
page_misc_hed => その他
page_mode => ページモード
page_nav_hed => サイトナビゲーション
page_xml_hed => XML フィード
paragraph => 段落
parent => 親
password_changed => パスワードを変更しました
password_sent_to => パスワードの送信先
path_from_root => ディレクトリ
pending => 保留
permanent_link => この記事へのパーマネントリンク
permlink => パーマネントリンク
per_page => / ページ
ping_weblogsdotcom => weblogs.com に ping する
plugin => プラグイン
plugins => プラグイン
polish => ポーランド語
popup => ポップアップ
portuguese => ポルトガル語
post => 投稿
posted => 投稿日
posted_by => 投稿者
preferences_saved => 設定を保存しました
prefs => 設定
prev => 前
preview => プレビュー
privileges => 権限
property => プロパティ
publish => 公開する
published_at => 公開日時
publisher => 管理人
real_name => 名前
recent_articles => 最近の記事
recent_posts => 最近のポスト
record_mentions => Record mentions
referrer => リファラー
referrers_only => リファラーのみ
remember => 保存
replace_image => イメージの交換
reset_time => 現時刻にリセット
restricted_area => アクセス制限エリア
revert => 取り消す
russian => ロシア語
save => 保存
saved => を保存しました
save_button => 保存
save_css_as => スタイルシートの保存先:
save_new => Save New
save_this_declaration => この宣言を保存する
save_this_selector => このセレクターを保存する
scots => スコットランド語
search => 検索
search_input_form => 検索入力フォーム
search_results => 検索結果
search_results_form => 検索結果フォーム
section => セクション
sections => セクション
section_head => サイトセクション
section_name => セクション名
section_name_already_exists => セクション名がすでに存在します
section_warning_part1 => 現在、clean URL モードを使用している為、あなたのサイト内にこのセクションに対応した場所を指定する必要があります。新規ファイル(ディレクトリではありません!)
section_warning_part2 => を
section_warning_part3 => の下に作成し、以下のコードを挿入してください。
section_warning_part4 => それから
section_warning_part5 => (
section_warning_part6 => にあります) を開き、以下の部分をファイルの最後に追加してください。
select => 選択
selected => 選択したものを
selected_by_default => 自動でロードする
selector => セレクター
send_lastmod => Last-Modified ヘッダーを送る
set_to_now => タイムスタンプを現時刻にする
site => サイト
sitename => サイト名
siteurl => ドメイン
site_administration => ユーザの管理
site_prefs => サイトの設定
site_slogan => サイトのスローガン
sort_by => ソートキー
sort_direction => 順序
sort_value => ソート用のキーワード
spanish => スペイン語
staff_writer => スタッフライター
status => 状態
stay_logged_in => ログアウトしない
strong => 強調
structure => 構造
style => スタイル
style_sheet => スタイルシート
style_sheet_saved => 保存されたスタイルシート
submit => 実行
subscript => サブスクリプト
superscript => スーパースクリプト
swedish => スウェーデン語
syndicate => Syndicate
tab_admin => 設定
tab_comments => コメント
tab_content => コンテンツ
tab_forms => フォーム
tab_image => イメージ
tab_link => リンク
tab_list => 記事
tab_logs => ログ
tab_organise => カテゴリの整理
tab_pages => ページ
tab_plugins => プラグイン
tab_preferences => 基本設定
tab_presentation => プレゼンテーション
tab_sections => セクション
tab_site_admin => ユーザの管理
tab_style => スタイル
tab_view_site => サイトの閲覧
tab_write => 執筆
tagalog => タガログ語
tags => タグ
tag_article => 記事 (single or list)
tag_article_custom => 記事 (custom list)
tag_article_image => 記事イメージ
tag_author => ユーザ
tag_body => 本文
tag_body_excerpt => 本文概要
tag_category1 => カテゴリ 1
tag_category2 => カテゴリ 2
tag_category_list => カテゴリのリスト
tag_comments_invite => コメントフォーム
tag_comment_email_input => メールアドレスの入力
tag_comment_message_input => メッセージの入力
tag_comment_name => コメント名
tag_comment_name_input => 名前の入力
tag_comment_permlink => パーマネントリンク
tag_comment_preview => プレビューボタン
tag_comment_remember => 個人情報保存のチェックボックス
tag_comment_submit => 送信ボタン
tag_comment_time => 日付
tag_comment_web_input => URL の入力
tag_css => CSS リンク (head)
tag_email => メールリンク (スパム対応)
tag_excerpt => 概要
tag_feed_link => 記事のフィード
tag_home => ホーム
tag_inline_ => Inline at end
tag_link => リンクのみ
tag_linkdesctitle => リンクと説明
tag_linklist => リンクのリスト
tag_link_description => 説明のみ
tag_link_feed_link => リンクのフィード
tag_link_text => リンクテキストのみ
tag_link_to_home => ホームページへのリンク
tag_link_to_next => 次の記事へのリンク
tag_link_to_prev => 前の記事へのリンク
tag_message => メッセージ
tag_name => コメンター
tag_newer => 以後の記事へのリンク
tag_next_article => 次の記事
tag_next_title => 次の記事のタイトル
tag_older => 以前の記事へのリンク
tag_output_form => フォームの表示
tag_page_title => ページタイトル
tag_paging_link => 次の記事へのリンク
tag_password_protect => パスワード制限
tag_permlink => パーマネントリンク
tag_popup => ポップアップリスト
tag_posted => 投稿日
tag_prev_article => 前の記事
tag_prev_title => 前の記事のタイトル
tag_recent_articles => 最近の記事
tag_recent_comments => 最近のコメント
tag_related_articles => 関連記事
tag_search_input => 検索フォーム
tag_search_result_date => 日時
tag_search_result_excerpt => 概要
tag_search_result_title => タイトル
tag_search_result_url => URL
tag_sitename => サイト名
tag_site_slogan => サイトのスローガン
tag_title => タイトル
tag__inline => Inline at beginning
textile_help => Textile ヘルプ
text_conversion => テキストの変換
text_handling => テキストの処理
thumbnail => サムネイル
time => 日付
timeoffset => 世界標準時 (UTC) からの時差
title => タイトル
title_body => タイトルと本文
title_separator => サイト名: セパレイター
tooltip => ツールチップリンク
type => タイプ
unban => 禁止解除
undefined => 未設定
updated => を更新しました
upload => アップロード
uploaded => をアップロードしました
upload_category => カテゴリ
upload_dir_perms => ディレクトリのパーミッションを 777 に設定する必要があります
upload_file => ファイル
upload_thumbnail => サムネイルのアップロード
url => URL
url_mode => URL モード
url_title => URL に含めるキーワード
useful_tags => 便利なタグ
uses_page => 使用するページ
uses_style => 使用するスタイル
use_categories => カテゴリを使う
use_comments => コメントを受け入れる
use_sections => セクションを使う
use_textile => Textile の使用
value => 値
version => バージョン
view => 表示
viewsite => サイトの表示
visible => 表示
visitor_logs => 訪問者のログ
website => ウェブサイト
week => 週
weeks => 週
with_selected => 選択したものを:
wraptag => Wraptag
writer => Writer
yes => はい
you_are_editing_css => 編集中の CSS
you_are_editing_div => 編集中の div
you_are_editing_form => 編集中のフォーム
you_are_editing_page => 編集中のテンプレート
you_have_been_banned => あなたのコメントは投稿を禁止されています。
yyyy-mm => yyyy-mm

[TXP] Textpattern の日本語化

コンテンツ・マネージメント・システム (CMS) の一つである Textpattern の編集画面を日本語にしてみました。以下はその手順をまとめたものです。Textpattern に関しては、[TXP] Textpattern とは をご覧下さい。

Read more!


Textpattern をダウンロードする
http://www.textpattern.com/deanload/ から最新のパッケージを入手してください。ここでは、バージョン 1.0rc1 を使います。

パッケージの解凍
ダウンロードしたファイルを解凍します。解凍後にできるディレクトリを、TXP_DIR とします。TXP_DIR の下には、
  • images
  • textpattern
等のディレクトリと、

  • .htaccess
  • about
  • article
  • index.php
等のファイルがあることを確認してください。

言語ファイル(日本語)の追加
ja-jp.txt を TXP_DIR/textpattern/lang に保存してください。

ファイルの編集
TXP_DIR/textpattern/index.php の41行目を


define("LANG", "en-gb");

から


// define("LANG", "en-gb");
define("LANG", "ja-jp");

に変更。

TXP_DIR/textpattern/publish.php の53行目を


$textarray = load_lang('en-gb');

から


// $textarray = load_lang('en-gb');
$textarray = load_lang('ja-jp');

に変更。

TXP_DIR/textpattern/include/txp_prefs.php の238~254行目付近を



...
'tagalog' => gTxt('tagalog'),
'czech' => gTxt('czech'),
'scots' => gTxt('scots')
);

から


...
'tagalog' => gTxt('tagalog'),
'czech' => gTxt('czech'),
'scots' => gTxt('scots'),
'japanese' => gTxt('japanese')
);

に変更。

ファイルのアップロード
TXP_DIR 内に含まれるファイルとディレクトリをお使いのサーバにアップロードしてください。ここではサーバのルートにアップデートしたと仮定します。

Textpattern のインストール
http://yourURL/textpattern/setup.php にアクセス後、表示される手順に従って Texpattern のインストールを行ってください。インストール画面は日本語化されていません。

setup.php の削除
インストール時にも警告されますが、インストール終了後は忘れず setup.php を削除しましょう。

スクリーンショット
無事にインストールが終わったら、http://youURL/textpattern/ に行ってみましょう。以下のような画面が見えたら成功です。

Textpattern edit screen

[TXP] Textpattern とは

Textpattern は、数あるコンテンツ・マネージメント・システム (CMS) の一つで、 textism の Dean Allen を中心に開発が進められています。

追記
さらにTextpattern に興味のある方は、以下のエントリにいくつかリンクを紹介しているので、ご覧あれ。